レターズアルパック

Letters arpak
216号(2019年7月号)特集はずむ

特集「はずむ」


「はずむ」という言葉にはだいたい4つぐらいの意味があるようです。自動詞として(1)はねかえる、(2)うきうきする、(3)勢いづく、他動詞として(4)気前よく出す。

「はずむ」という言葉にはだいたい4つぐらいの意味があるようです。自動詞として(1)はねかえる、(2)うきうきする、(3)勢いづく、他動詞として(4)気前よく出す。それぞれ少しずつ意味が異なりますが、あえて共通点を見つけるとすれば、いずれも行為や気持ちが普通より増幅する(させる)ということでしょうか。そして、その背景には何かきっかけになるものがあるのです。それは例えば、重要な出来事であったり、大切な出会いであったり、褒められたことであったり、…。
今号のテーマを決めるにあたっては、まさにアルパックにとって、そのきっかけとなるうれしい出来事がいくつか重なったことが決め手となりました。きんきょうでご紹介しています。あわせて、所員から「はずむ」をテーマとする小文を寄せてもらいました。
みなさんにも「はずむ」きっかけが訪れますように。
レターズアルパック編集委員会

レターズ・アルパック編集委員会

216号(2019年7月号)の他記事

バックナンバーをみる

タグで検索

ページトップへ