業務紹介

Solution

テーマ別にみる

タグで検索

テーマ持続可能な都市の環境をつくる

循環型社会の形成

ごみ量が10倍近くに急増した時期を経て、近年のごみ量はやや減少していますが、大量生産・大量廃棄の社会構造は今も残り、大きな社会的課題となっています。
アルパックは約40年にわたり、全国の先進的自治体や大学等と連携し、調査から実証事業まで取り組んできました。ごみとそれを取り巻く社会構造を、時に分析的、時に俯瞰的に多面的に扱い、循環型社会の形成に取り組んでいます。(ごみ排出構造の調査・分析、減量・資源化、食品ロス、地域循環圏、レアメタル、大学のごみ減量、家庭ごみ有料化、資源化の仕組みづくり、収集効率化等)

 

 

 

この業務の紹介者

長澤弘樹
伊藤栄俊
畑中直樹
中川貴美子
植松陽子

「持続可能な都市の環境をつくる」の新着記事

PICK UP

業務紹介記事を検索する

テーマ別にみる

タグで検索

ページトップへ