イベント情報

Event
2021.03.03

第33回適塾路地奥サロン「がもよんモデルの秘密 ~空き家再生でみんなが稼げる地元をつくる~」を開催します

第33回適塾路地奥サロン「がもよんモデルの秘密 ~空き家再生でみんなが稼げる地元をつくる~」を開催します

『空き家問題』は、現代の社会問題であり、これからの人口減少に伴って今後更に空き家は増加すると予想されます。所有者にとって、固定資産税や改修費用といったお金と相続手続や工事にかかる時間の問題が付きまとうネガティブなイメージの空き家ですが、大阪市城東区蒲生四丁目エリアでは老朽化した空き家を飲食店へとリノベーションし、所有者・地域住民・デベロッパーの三者が喜ぶ新たな経済モデルを生み出しています。そんなエリアの仕掛け人である一般社団法人がもよんにぎわいプロジェクトの和田欣也氏がネガティブをポジティブに、ピンチをチャンスに変える空き家再生モデルをこっそりと皆さんに伝授します。

第33回適塾路地奥サロン

第33回適塾路地奥サロン

◆日時:2021年4月16日(金) 18:30~
◆会場: アルパック大阪事務所 大会議室 及びオンライン開催(zoom)
◆講師:
和田 欣也氏(一般社団法人がもよんにぎわいプロジェクト代表理事) 
◆参加費:無料 
◆定員:会場参加:先着順10名程度
 オンライン参加:定員なし 
 ※併用開催
◆申込み:以下の申込みフォームより申し込んで下さい。
http://ur0.work/0un0
◆〆切:4月13日(火)
案内チラシ(PDF)

<主催・問合せ先>
(株)地域計画建築研究所(アルパック)大阪事務所
〒541-0042 大阪市中央区今橋3-1-7 日本生命今橋ビル10階
TEL:06-6205-3600 FAX:06-6205-3601
■適塾路地奥サロン■
21世紀に入り、地域を取り巻く課題はより複雑化、高度化しており、単純なハードとソフトの融合というツールだけでは解決できない状況となっています。アルパックでは、今一度、多方面で活躍されている実践者や研究者の方々による具体的な活動や事業から「まちづくり」を見つめ直し、再定義し、「21世紀型の持続可能なまちづくり」のあり方等について、大阪事務所横の適塾のように「教えあい、学びあう」活発な意見交換を行いたいと考えています。

ページトップへ