イベント情報

Event
2019.03.12

第11回適塾路地奥サロン「AIで地域はどう変わり、行政はどう変わるのか」を開催します(日時:平成31年4月11日(木)18:30~)

<案内チラシより>
 AI(人工知能)の発展と普及によって、人間の仕事のうち、AIやロボットに代替され消える仕事と、残る仕事に分かれるという議論があります。こうした動向の中で、どのように地域が変わり、行政もどう変わることが求められるのか、立命館大学の鐘ヶ江先生(政策科学部教授)に話題提供をお願いし、意見交換で深めたいと思います。

第11回適塾路地奥サロン「AIで地域はどう変わり、行政はどう変わるのか」

◆日時:平成31年4月11日(木)18:30~
◆会場:アルパック大阪事務所 大会議室
 大阪事務所
◆講師:鐘ヶ江 秀彦氏
立命館大学政策科学部 教授
◆参加費:無料
◆定員:30名(先着順)
◆申込み:以下の申込みフォームより申し込んで下さい。
 申込みフォーム
◆〆切:4月1日(月)

案内チラシ
 ↓↓↓↓
 第11回適塾路地奥サロン

<主催・問合せ先>
(株)地域計画建築研究所(アルパック)大阪事務所
〒541-0042 大阪市中央区今橋3-1-7 日本生命今橋ビル10階
TEL:06-6205-3600 FAX:06-6205-3601

■適塾路地奥サロン■
21世紀に入り、地域を取り巻く課題はより複雑化、高度化しており、単純なハードとソフトの融合というツールだけでは解決できない状況となっています。アルパックでは、今一度、多方面で活躍されている実践者や研究者の方々による具体的な活動や事業から「まちづくり」を見つめ直し、再定義し、「21世紀型の持続可能なまちづくり」のあり方等について、大阪事務所横の適塾のように「教えあい、学びあう」活発な意見交換を行いたいと考えています。

ページトップへ