レターズアルパック210号

新人紹介「街のよりよい理解にむけて」

執筆者;都市・地域プランニンググループ/稲垣和哉

 はじめまして。7月から都市・地域プランニンググループに 配属となりました稲垣和哉です。
 大阪市阿倍野区のちんちん電車沿線で育ち、大学進学を機に8年ほど仙台で暮らしていました。仙台ではのんびりとした生活環境のもと、勉学・部活・恋愛と人並みに青春を謳歌してきました。アルパックでの採用が決まり、いざ仙台を離れることが現実になると、これまでの記憶が一気に蘇りとても感傷的な気持ちになりました。街への愛着というものはこういうときに強く感じるものなのだなと一つ勉強になりました。
 そういうわけで久しぶりに大阪に戻ってきたわけですが、この8年の間に大きく街の姿が変わっていることに驚きました。昔の思い出や風景を懐かしみつつも、変わっていくことを肯定的に捉え、これからの生活を新たに重ね合わせていきたいと思います。
 大学では、人々が都市空間をどのように使っているか、そしてその結果として街がどのように立ち現れているのかをテーマに研究をしていました。 新しいテクノロジーやそれに付随するサービスが社会のあり方を大きく変えているなか、街での活動や体験はどのようなものになっていくのか、どうあるべきか、そのようなところに関心があります。最新の技術や周辺分野の動向に目を向けつつも、まずは街をよく歩き、よく観察し、よく話をして感性を磨いていきたいと思います。
 右も左も分からない状態ですが、一つひとつ目の前の人たちや地域に向き合いながら、その道中で何か真理らしきものを拾いつつ、街に対する理解を深めていきたいと思います。これからどうぞよろしくお願いします。


レターズアルパック210号・目次

2018年7月発行

特集「おとなり」

今、こんな仕事をしています(業務紹介)

うまいもの通信

きんきょう&イベントのお知らせ

新人紹介

まちかど