レターズアルパック210号

適塾路地奥サロンの開催

執筆者;適塾路地裏サロン実行委員/丸井和彦

 6月26日、近畿大学総合社会学部教授の久隆浩氏をお招きして、第1回適塾路地奥サロンを大阪事務所で開催致しました。まちづくりの制度化に至る経緯から「まちづくり」と「街づくり」の違い、これからのまちづくりの方向性まで、内容は多岐にわたりました。今後も継続して企画していきます。なお、講演の詳しい内容を8月上旬にホームページにアップロード致しますので、ぜひご覧ください。

適塾路地奥サロンとは?

 21世紀に入り、地域を取り巻く課題はより複雑化、高度化しており、単純なハードとソフトの融合というツールだけでは解決できない状況となっています。
 アルパックでは、今一度、多方面で活躍されている実践者や研究者の方々による具体的な活動や事業から「まちづくり」を見つめ直し、再定義し、「21世紀型の持続可能なまちづくり」のあり方等について、大阪事務所横の適塾のように「教えあい、学びあう」活発な意見交換を行いたいと考えています。
(適塾路地裏サロン実行委員長 中塚一)


 

レターズアルパック210号・目次

2018年7月発行

特集「おとなり」

今、こんな仕事をしています(業務紹介)

うまいもの通信

きんきょう&イベントのお知らせ

新人紹介

まちかど