レターズアルパック209号

シンポジウム「スポーツ産業による関西の活性化」6月30日(土)梅田で開催

執筆者;地域産業イノベーショングループ/高田剛司

 (一社)日本計画行政学会関西支部(事務局:アルパック)が主催するシンポジウムの今年のテーマは「スポーツ産業による関西の活性化」です。
 関西には、アシックス、ミズノなど有名スポーツ用品メーカーが集積し、また、聖地・甲子園や花園があるほか、野球やサッカー、ラグビー、バレー、バスケットなどプロスポーツが盛んです。多くのスポーツ人材を輩出し、スポーツに関する歴史・文化の層が厚い地域といえるでしょう。
 今後は、ラグビーワールドカップ(2019年)、東京オリンピック・パラリンピック(2020年)、関西ワールドマスターズゲームズ(2021年)と大規模な国際スポーツイベントが続きます。こうしたことを踏まえ、本シンポジウムは、スポーツに関する製品イノベーションやスポーツビジネスの強み、地域貢献のあり方やめざすべき方向性など、今後、関西でスポーツ産業を振興していく方途について議論する予定です。
 午前中は学会員による自由テーマの研究報告があり、午後からシンポジウムが開催されます。午前・午後ともに、学会員でない方も参加できますので、関心をお持ちの方はぜひお越しください。
 なお、詳細は、関西支部ホームページをご覧ください。
 関西支部ホームページ → http://japa-kansai.kir.jp/event.html

開催要領

■日時:平成30年6月30日(土)10:00~17:00
 (受付開始9:45~)
■場所:龍谷大学 大阪梅田キャンパス
■参加費:1,000円
 (当日、会場でお支払いください)
■概要:
(午前)研究報告
(午後)基調報告 植田真司氏(大阪成蹊大学教授)
<パネルディスカッション>
・植田真司氏(大阪成蹊大学教授)
・庄子博人氏(同志社大学助教)
・吉澤正登氏(一般社団法人FC大阪スポーツクラブ会長)
・加藤恵正氏(兵庫県立大学大学院教授)※コーディネーター


レターズアルパック209号・目次

2018年5月発行

特集「とことん」

今、こんな仕事をしています(業務紹介)

新人紹介

きんきょう&イベントのお知らせ

まちかど