レターズアルパック209号

多角的な視点を持って

執筆者;地域再生デザイングループ/山道未貴

 4月より大阪事務所、地域再生デザイングループに配属となりました山道未貴です。
 生まれも育ちも熊本県で、のんびりと育ってきました。入社を機に、初めての一人暮らしがスタートし悪戦苦闘の毎日ですが、慌ただしい人や時間の流れに飲み込まれないように自分を持っていきたいなと思っています。大阪初心者なので、まずは土地勘を養っていくためにも色々な地域を歩いて見て回りたいです。
 大学では、農村計画を学び、まち歩きを通じて地域の構造を読み解いたり、地域の生業から景観の成り立ちを理解したり、現場で学び考える機会が多くありました。また研究室の活動では、農山村地域をフィールドに、地域住民とともに地域の魅力を発掘し、地域が抱えている課題を見出し、少しでも解決できるよう活動に取り組んできました。これまでの活動を通して、地域づくりはとても時間のかかることで、小さな小さな活動の積み重ねが結果的に大きな力に変わっていくことを学びました。また、一昨年発生した熊本地震は自分の中でも大きな経験となり災害復興に携わっていきたいと思う気持ちが強くなりました。
 まちづくりには、様々な視点や知識が必要なため、頭でっかちな考え方にならないよう、多様な角度から総合的に学び、その中から私の専門領域を築き上げていきたいと思っています。住民の思いを丁寧に拾い上げ、地域の課題や特徴を見出していき、地元に寄り添ったまちづくりが実現できるように頑張ります。
 今年は新入社員が一人で寂しさと不安でいっぱいですが、頼れる先輩方から一つ一つ学び、スポンジのように吸収していきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。


レターズアルパック209号・目次

2018年5月発行

特集「とことん」

今、こんな仕事をしています(業務紹介)

新人紹介

きんきょう&イベントのお知らせ

まちかど