レターズアルパック209号

スラドレッドがとことん好きなスロベニアン

執筆者;地域再生デザイングループ/岡崎まり

 4月に入り春らしい陽気となったスロベニアの首都リュブリャナでは、中心地であるプレシェーレン広場周辺にアイスクリームの露店が出現するようになりました。
 スロベニア語でアイスクリームはスラドレッド(sladoled)と呼ぶのですが、とにかくスロベニア人は老若男女関係なくスラドレッドが大好き!すれ違う人が何かを食べているなと見てみると、リンゴかスラドレッドであることが多いです。


街中に出現したスラドレッド屋さん

 公共施設や個店の入り口にあるピクトグラムにはスラドレッドの持ち込み禁止のマークがよく表示されています。飲食禁止のマークと並んでスラドレッド持ち込み禁止のマークがあるお店もあり、とことんスラドレッドが大好きなお国柄を感じます。お店の前でスラドレッドを急いで頬張る人たちもチラホラ見かけ、暑い日の風物詩の1つといえます。
 私が子どもとよく行く公園の近くにもスラドレッド屋さんがあるのですが、美味しいのはもちろんのこと、1€で食べることができる手軽さも大きな魅力となっています。スーパーで売られているものと値段は変わらないし、ワンコインで買えるならとついついお財布の紐が緩んでしまう今日この頃です。


スラドレッドのピクトグラム

スラドレッドのピクトグラム

レターズアルパック209号・目次

2018年5月発行

特集「とことん」

今、こんな仕事をしています(業務紹介)

新人紹介

きんきょう&イベントのお知らせ

まちかど