レターズアルパック207号

「純粋でポップな限界のまちづくり:モテるまちづくり2」が発行されました

執筆者;地域産業イノベーショングループ/江藤慎介
著者:谷亮治 発行者:まち飯叢書


表紙

 「まちづくりをナリワイにして飯を食べていけるのか」をテーマに、京都や滋賀のまちづくり関係者が平成22年から続けている研究会「まち飯」。この成果を理事の谷亮治が前著「モテるまちづくり:まちづくりに疲れた人へ。」(アルパックニュースレター196号で紹介)に続き、平成29年9月に「純粋でポップな限界のまちづくり:モテるまちづくり2」として発行しました。
 前著を題材とした読書会を日本全国で50回以上開催し、1,500名以上の参加者からフィードバックをもらう中、読書会のある参加者がつぶやいた、「なんか、まちづくりって、専門家とか、人気者にしかできないもののように見えて私からは遠く感じるんですよね」という問いをきっかけとして、続編は生まれました。
 これまでの所謂「まちづくり」では、意識的にまちに関わる「まちづくりの実践者」が、地域住民や周辺の関係者に対して「なぜもっと積極的にまちづくりに関わってくれないのか」と嘆き、疲れてしまう構図が見られます。こうした「まちづくりの実践者」への処方箋が前著であったならば、本書は専門家や人気者でもない「普通」のまちの人こそ、まちづくりで大切な役割を果たしていることを明らかにしようとする内容です。この本を読めば、まちづくりに関心を持ってくれないと思っていた“普通“のまちの人に対する眼差しも、優しくなること間違いありません。
 本書は前著に続いて著者による自費出版です(通常価格2,500円)。購入を希望される方は私までお問い合わせください(etou-sn@arpak.co.jp、完売の際はご了承ください)。


レターズアルパック207号・目次

2018年1月発行

特集「チャレンジ」

今、こんな仕事をしています(業務紹介)

きんきょう&イベントのお知らせ

まちかど