レターズアルパック207号

ラグビーワールドカップ2019に向けて 「東大阪ショウテンズ」もメンバー増強!

執筆者;地域産業イノベーショングループ/高田剛司


東大阪ショウテンズのポスター

 「東大阪ショウテンズ」は大変好評で、昨夏、新たに3店舗を追加募集し、15店舗(フィフティーン)が揃いました。
 レターズアルパック(VOL・201)で紹介した冊子がリニューアルされ、年末年始に全国高校ラグビー大会が開催される東大阪市花園ラグビー場や、掲載の店舗、ラグビーワールドカップ関連のイベントなどで配付が始まっています。
 今回、追加メンバーの3店舗へ取材に出掛けたところ、それぞれのお店からラグビーに対する熱い思いが寄せられ、昨年の12店舗と合わせ、バリエーションに富む美味しい商品が並びました。新たに追加された商品は、ラグビーボール型のサブレ、シュークリーム、ラグビー場のフィールドをイメージしたケーキとなっています。
 試合の組合せや日程も決定し、花園ラグビー場ではイタリア、アルゼンチン、トンガ、フィジーなどの国々による計4試合が行われる予定です。インバウンド向けの商品の開発に意欲を見せるお店もあり、来年9月20日の開幕まで、地元による一層の盛り上がりが期待されます。


東大阪ショウテンズの中面

レターズアルパック207号・目次

2018年1月発行

特集「チャレンジ」

今、こんな仕事をしています(業務紹介)

きんきょう&イベントのお知らせ

まちかど