レターズアルパック207号

官民連携で未来の御堂筋を考える 「御堂筋チャレンジ」を実施しました

執筆者;都市・地域プランニンググループ/絹原一寛

 昨年度側道を閉鎖したミナミ御堂筋モデル区間での社会実験「御堂筋チャレンジ」をご紹介します。
 通行空間から魅力的な滞在空間をめざし、11月5日から20日までの2週間、市ほか関係団体からなる実行委員会と、地域の協議会の共催で行いました。


御堂筋イルミネーションのもと佇む観光客

快適な歩行者空間に向けて

 自転車通行空間が整備されたものの、駅前で歩行者通行量も多く、自転車との交錯も見られる状況、また放置自転車が歩道を埋め尽くす状況から、歩車を分離しかつ座ることができるファニチャーを設置。加えて、休憩できるテーブル・ベンチを毎日地域の皆さんで設置、放置自転車削減と滞在空間創出を狙いました。


歩行者と自転車の分離を図る

多様なアクティビティの創出とマネジメントの仕組みづくりに向けて

 賑わいの創出と今後の常設化を狙って、芦原橋アップマーケットのサポートによる御堂筋上でのマーケット、「MUSIC BUSKER」の協力による公認ストリートライブ、さらに英國屋によるカフェ出店、シェアサイクルHUBchariのポート設置を実施。今後、案内板やファニチャーに企業名などを表示するスポンサードの仕組みも検証し、これらを維持する財源の獲得スキームも議論していきます。

官民の連携による戦略的な都市再生

 公道上での実施ゆえ多分にチャレンジの要素がありましたが、警察の理解、商店会など地域の参加・協力に加え、官民一丸となった体制構築が実現できたことは大きかったと感じます。今回を機に、滞在空間化へのビジョンが共有され、空間の再編が加速する御堂筋。将来的なモデル整備延伸、地域裁量での管理・活用へと、次のステージへ進めていきます。


ストリートライブ

記念撮影

レターズアルパック207号・目次

2018年1月発行

特集「チャレンジ」

今、こんな仕事をしています(業務紹介)

きんきょう&イベントのお知らせ

まちかど