レターズアルパック206号

「兵庫県林業会館」をCLTで建て替える

執筆者;建築プランニング・デザイングループ/三浦健史

 戦後に植林した杉が利用期を迎えています。都市の木質化に向け、兵庫県林業会館では、県産材CLT(Cross Laminated Timber)を活用した建替事業を進めています 。

防火地域に5階建て木造ビル

 最近では、CLTを活用した建築物もいくつか事例が出ていますが、本プロジェクトでは、防火地域に5階建ての事務所ビルを床も含めて主要構造部をCLTで建てるという点に特徴があります。1層はRC、2~5層でCLTを使う計画です。
 CLTは比較的新しい材料のため林野庁、環境省等の補助等も活用し、床の2時間耐火の実証試験や竣工後の断熱検証も計画しなからプロジェクトが進められています。

CLTを見せる/使用木材量

 検討の中で、様々な課題が明らかになりました。事務所の大スパン確保もその一つですが、一番は、せっかく使うCLTを見えるようにできるかどうかです。一方で、CLTを(鉛直力を受ける)構造として使う(木材量を増やす)と耐火のため隠す必要があり、トレードオフの関係で、ジレンマになっています。

プロセスを透明化して普及・啓発を図る

 実施設計・施工については一括発注プロポーザルを行い、審査が先日行われたところです。審査過程では先の二択が議論され、結果的には、CLTが見え普及性の高いハイブリッド構造の提案が選定されました。
 また、プロポーザル前には、設計者だけでなく、森林・木材関係者も参加し、本事業を題材に五十田博氏(京都大学生存圏研究所)、金箱温春氏(㈲金箱構造設計事務所)、安井昇氏(桜設計集団一級建築士事務所)の各先生のご講演による勉強会を3回開催しました。今後も見学会等を開催する予定です。
 アルパックは事務局として、基本計画~基本設計、補助申請、プロポーザル手続き、実施設計・施工監理・モニタリングの技術支援等を行っています。
※本業務は、三浦の他サスティナビリティマネジメントグループの畑中、中川、建築プランニングデザイングループの原田、塗師木も担当しています。
※本事業の詳細は事務局ホームページに記載しています。(http://hyougo-clt.com/)


レターズアルパック206号・目次

2017年11月発行

特集「スポーツ」

今、こんな仕事をしています(業務紹介)

きんきょう&イベントのお知らせ

まちかど