レターズアルパック206号

住宅地の外構にみられる景観資源を調査しています

執筆者;都市・地域プランニンググループ/水谷省三

 神戸市東灘区の山麓部に位置する本山北町地区は閑静な住宅地で、阪神間を代表する「山の手の住宅地」として上質な住宅が集積しています。
 地区内には、大正期に開発された住宅地もあれば、高度経済成長期に開発された住宅地もあり、開発時期は様々ですが、斜面地形に沿って、質の高い外構の設えなどによる、深みのあるまちなみが形成されています。これらの住宅地景観の外構を特徴づけるものとして、斜面地を造成する際に造られた石積み擁壁と敷地内に配置された高木植栽や生垣などの豊富な緑があげられます。
 地区内に多数見られる石積み擁壁には、錆御影(鉄さびのような褐色の色合いをもつ花崗岩)を用いた石積みが数多く使われています。自然な風合いの野面石や間知石などの石積みが連なるまちなみは、重厚な印象を感じさせるものとなっています。また、高さが高いものでは二段、三段と積み方を変えて重ねるものもあり、様々な石積みの表情が見られます。


築地塀越しの植栽

 一方、植栽の特徴は、道路に面した生垣や築地塀の奥に見られる高木植栽など、奥行きを感じさせることです。また、門扉や塀の背後に見越しの松が植えられていたり、大きく育ったヒマヤラスギが綺麗に剪定されて象徴的に配置されるなど、手間をかけて美しく管理されている様子が見られます。日当たりのよい山側の南側敷地に植栽地が連続している様も、まちなみの特徴と言えます。
 今回の景観資源調査は、住宅地のまちなみを構成する外構に見られる石積み擁壁の石の形状や積み方、植栽の配置などを把握するものです。開発時期や地形の特性等を加味し、阪神間の上質な住宅地に見られる深みのあるまちなみの秘密を解き明かしたいと思います。


2段積みした石積み

カイヅカイブキの生垣と錆御影の石積み

レターズアルパック206号・目次

2017年11月発行

特集「スポーツ」

今、こんな仕事をしています(業務紹介)

きんきょう&イベントのお知らせ

まちかど