レターズアルパック206号

特集「スポーツ」
自然を体感できる自転車の魅力

執筆者;サスティナビリティマネジメントグループ/伊藤栄俊

 私は、大学時代にサイクリング部に所属しており、今でも趣味で自転車に乗っています。
 京都にいたころは、ロードレーサーで標高約760メートルの花脊峠によく上っていました。東京に来てからは、近くにいい峠がないので、ツーリング用の自転車で土日や連休に輪行(自転車をばらして専用の袋に入れ、電車に乗せて移動)して、東北や北関東の方に走りに出かけています。
 自転車の魅力は、じかに自然を感じられることと達成感です。先日は、八甲田山と十和田湖の方へツーリングに行ってきました。八甲田山も十和田湖も紅葉真っ盛りでとてもきれいでした。さらに、十和田湖の湖面が雲海に覆われており、言葉にできない美しさでした。そして、その美しい風景は、坂を上り峠を越えた先にあります。美しい風景やきつい上り坂、快適な下り坂、吹き付ける風、自転車は全身で自然を感じられます。


雲海の十和田湖

 この時のツーリングでは、走行距離が約180キロメートル、獲得標高約4000メートルと楽な工程ではありませんでしたが、だからこそ走り切った後の達成感は大きなものでした。
 ここまでは、ツーリングの話でしたが、学生時代にはレースもやっており、一昨年には大台ケ原ヒルクライムにも出場しました。最近はレースに出る機会はありませんでしたが、来年は、大台ケ原ヒルクライムに出場したいと思っています。
 さて、京都に戻ったらまずは花脊峠に登りに行こうか。


十和田湖畔を走行中

レターズアルパック206号・目次

2017年11月発行

特集「スポーツ」

今、こんな仕事をしています(業務紹介)

きんきょう&イベントのお知らせ

まちかど