レターズアルパック205号

“ひまわりオイル” × “○○○”
お気に入りの食べ方を見つけよう!  

執筆者;地域産業イノベーショングループ/武藤健司

 今年の7月にグランフロント大阪において、全国各地のひまわりオイルの産地が一同に集結した「ひまわりオイルサミット」が開催されました。
 スーパーなどの油売り場には、オリーブオイル、えごま油、ココナッツオイル…とさまざまな種類の油が並び、特に、健康や美容効果が高い油が人気です。兵庫県佐用町では、ひまわりオイルの認知を高め販路開拓につなげようと、昨年度から各市町と連携して共同でPRする取組を行っています。


会場のグランフロント大阪

 今年度に重視したテーマは「かける」。グランフロント大阪の買い物客を来場者として迎え、各産地のひまわりオイルを、アイスに、野菜に、バケットにかけてテイスティングしてもらい、オイルを手軽に楽しめる使い方とともに提案しました(個人的には、生野菜に粉チーズとともにかけるのがオススメです)。
 さらには、グランフロント大阪のレストランとのコラボ企画で、ひまわりオイルを使った料理を開発していただき、ひまわりオイルの魅力と可能性をより多くの人にPRすることができました。


 

 

 また、参加した市町どうしの交流会では、直面する課題、企業連携による展開などについて意見交換を行い、今後の取組のヒントとなりました。ひまわりオイルは、少しずつ、着実に拡がりをみせています。 *本業務は、地域産業イノベーショングループの原田弘之も担当しています。


 

 

 

 

レターズアルパック205号・目次

2017年9月発行

特集「秋の夜」

今、こんな仕事をしています(業務紹介)

地域に寄り添って地方創生を考える

きんきょう&イベントのお知らせ

まちかど