アルパックニュースレター200号

英国随一のビーチリゾート、ブライトンを歩いて

執筆者;アルパックOG/片野直子


ウェスト・ピアとイースト・ピア

 2016 年 9 月から英国のブライトン(Brighton)にあるサセックス大学のIDS(開発学研究所)に通っています。ブライトンは人口28万人、ロンドンから電車で1時間ほど南下した海岸沿いにあるビーチリゾートのまちです。
 まちの歴史を少し紐解きましょう。はじめ漁村として発達したブライトンですが、1750年頃から海水浴を利用した療養地としてロンドンから患者が訪れるようになり、鉄道の開通後は帝国随一のビーチリゾートとして繁栄しました。現在も海辺での休暇を求める国内外からの観光客を迎えており、天気の良い日の昼間はもちろんのこと、夜もクラブがオープンして大変賑やかです。まちの中心部にある建物の多くは19世紀前半に建てられた歴史あるものだそうで、目を見張るような立派な建物に一般のアパートやパブが入っているのはヨーロッパならではです。
 一方で、ブライトンはイギリスのゲイ文化の中心地としても有名です。1830年代にはゲイの出会いの場になり始め、徐々にその他のセクシャルマイノリティの間でも広く知られるようになったそうです。大学構内にもこの文化の影響が随所で見られ、たとえば一部のトイレは女性用・男性用に加えて、性別にかかわらず誰でも使えるオールジェンダー用の3種類の表示があります。写真はオールジェンダーのトイレですが、ピクトグラムのひとつが半分スカートの「第3の性」になっているのがお分かりいただけるでしょうか。
 ブライトンが受け入れているのはセクシュアルマイノリティだけではありません。大きな大学が複数所在することもあり、住民は非常に多国籍です。多様な人々を歓迎し続け、今もまちがBright(キラキラ)しているのは、古いものと新しいもの、構造と逸脱がミックスされた懐深い文化によるのではないかと感じています。
 ただし、Brightが一文字違いのBlight(暗い影)になると意味が全く逆になってしまうように、華やかな文化の裏側に積もった歴史の重苦しさを感じることもしばしばあります。それを端的に示しているのがピア(Pier=桟橋)と呼ばれる海上に設置されたアミューズメント施設です。ブライトンのビーチにはイーストとウェストの2つのピアがありますが、1860年代に建てられたウェストは、経営難で放置され劣化が進んでいたところに火災が発生し、現在は骨組みだけが残っています。かつてはレジャーのまちのシンボルとして活躍したウェスト・ピア、陽気なオバケを思わせる姿を見るたびに栄枯必衰の理を感じます。


トイレ扉の表示

新学期の大学構内

アルパックニュースレター200号・目次

2016年11月1日発行

特集「200号発行を迎えて」

ひと・まち・地域

きんきょう

新人紹介

まちかど